早期ケアと適切な歯科健診の頻度とは

小さな病気に気づけるように

>

歯医者に行く頻度とは

痛みの少ない治療にする

虫歯の治療は、痛いものだとイメージしている人が多いです。
しかしそれは悪化した時で、虫歯になったばかりの頃に治療を始めれば特に痛みも感じず、すぐに治療を終わらせることができます。
悪化すると痛みが大きくなり、通院回数も増えると覚えておきましょう。
ですから早期発見が重要ですが、自分で初期の虫歯に気づくのは難しいです。

初期は自覚症状がないので、医師に見てもらってください。
そのため、歯医者の定期健診を利用しましょう。
医師ならどんなに小さい虫歯でも見逃さず、治療を始めてくれるはずです。
さらに歯周病や歯槽膿漏など、他の口内の病気になっている時も発見してくれます。
口内環境をいつでも正常に保つため、歯科健診が欠かせません。

数か月に1回が良い

時間を見つけて、定期的に歯科健診に行ってください。
最もおすすめなのは、3か月に1回です。
このペースを守れるように忙しい人も、スケジュールを調整してください。
事前に歯科健診の予約を入れて、それからプライベートやビジネスの予定を入れるのが良い方法です。
自分の健康を守るためなので、歯科健診の予定を優先しましょう。

健診の時に、歯をクリーニングしてもらえます。
すると歯垢や歯石といった汚れも落とせるので、虫歯や歯周病のリスクを減らせます。
それらが溜まると口内環境が汚くなり、バイ菌が繁殖するので気を付けてください。
普段の歯磨きだけでは、汚れを全て落とせていないかもしれません。
そこも、医師にチェックしてもらいましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる