早期ケアと適切な歯科健診の頻度とは

小さな病気に気づけるように

>

医師が技術を持っている

削るのが正しい方法

良い歯医者を見つけて、歯科健診を受けてください。
判断するポイントは、虫歯になった時にどのような治療をしてくれるのかという部分です。
歯をすぐに抜こうとせず、少しずつ削る歯医者がおすすめです。
抜いた方が短時間で治療が終わりますが、それでは他の歯や神経に負担を与えます。
今度は神経が傷つき、そこが病気になってしまうかもしれません。
いつまで経っても治療が終わらないので、歯を削る方法が正しいと理解しましょう。

虫歯が悪化して、どうしても歯を削るだけでは対処できない時に歯を抜く治療が行われます。
ただ定期的に健診に行っていれば虫歯を初期状態で発見できるので、このように心身への負担が大きい治療をしなくても済むと思います。

治療の選択肢が豊富

歯を削ったり抜いたりした時に詰め物を使いますが、その時の素材を自由に選択できる歯医者が良いですね。
たくさんの素材が用意されていると、自分の希望に合わせて選べるので便利です。
治療の選択肢が豊富という部分に注目し、歯医者を決めても良いでしょう。
その歯医者で使える素材は、ホームページを見ることでわかります。

また医師が、丁寧に説明してくれることも重要です。
口内がこうなっているから、このような方法で治療を進めると具体的に聞きましょう。
すると安心して、医師に身体を任せることができます。
何も言われないと不安を抱くので、説明不足だと感じる歯医者は避けてください。
またわからないことがあれば、その時に質問しましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる