容姿と演技だけでは成り上がれない?女優として成功する方法

>

才能も美貌もあるのに成功できない人はいる

自分を抑えて売れようとしても意味がない

人を惹き付けるためには、とにかくその人の長所を伸ばすことが大切です。
全てが60点の人間より、何か1つでも突出した長所のある人の方が需要があります。
芸能関係なら特にそうです。

自然の流れを止め、無理矢理万人受けするキャラクターを偽っても、もともとそういう性格の人には勝てません。
また、自分への負担も大きく、努力の割に結果がついてこなくなります。
演じるのは役の上だけにして、現実での売り出し方・努力の方向は、自分の長所に沿ったものにすることが成功への鍵です。

もちろん、得意なこと以外はしなくていい、ということでも、ただ何も考えずにやれ、ということではありません。
自分の長所と需要を擦りあわせ、演技の仕方や売り出し方を考える、ということです。

目的と手段を間違えない

物事には目的があります。
「女優になりたい」というのは、一見目的のようですが、見方によっては手段になり得ます。

「女優になりたい」という手段を用いて手に入れたい目的は、「素晴らしい作品に携わりたい」だったり、「人を感動させたい」だったり、「好きな演技で有名になりたい」だったりするのではないでしょうか。
物事を始めるとき、本当の目的を見失わないことが大切です。

女優になるためには、目の前に来たチャンスに飛びつくことも大切ですが、それが「本当の目的」に繋がっているか考えることも大切です。

芸能に近い仕事なら何でもいいから、レッスン料が高くアルバイト漬けで練習できなくてもコネができるかもしれないから…もし、「女優」になれたとしても、本当の目的にたどり着けるでしょうか?


この記事をシェアする