容姿と演技だけでは成り上がれない?女優として成功する方法

>

影の悪態がばれる時代

全員に好かれる方がいいに決まっている

芸能界は変わった人も多い業界ですが、どんな業界でも、人が関わる以上好かれた方が良いに決まっています。
それは、先輩や売れている人、力のある業界人だけに対して限ったことではありません。

たとえばアルバイトのスタッフであっても、失礼な後輩であっても、こちらが攻撃してしまえば「敵」になってしまう可能性があります。
「あの人、先輩には媚びるけど性格は最悪だよ」と誰かに言われてしまったが最後、面倒な人間として採用されづらくなってしまうかもしれません。

また、媚びればいいというわけでもありません。
大物で媚びられなれている人ほど、媚びに対して敏感です。
大切なのは「人徳」です。
相手を敬って気分を損ねないよう気を遣える人は、人に可愛がられます。

悪い面はすぐに広がる

良い噂はなかなか広がりませんが、悪い噂というものは飛ぶように広がります。

ただでさえあることないことが飛び交う世界で、わざわざ悪態をついたりしたら、すぐに評判が落ちていきます。
いつどこで誰が話を聞いているか分かりません。
「格下」だと思ってぞんざいに扱ってしまった人が誰と繋がっているか分かりません。
後輩が自分より売れることだって十分あり得ます。

また、今はSNSによってすぐに悪行がバレてしまう時代になりました。
証拠つきでネットに上げられてしまったら最後、あっという間に何万、何十万の人の目に触れてしまうのです。

いつどこで誰に見られても、恥ずかしくないような振る舞いを心掛けましょう。
その振る舞いは、結果として人脈や演技の質、人としての美しさに繋がります。


この記事をシェアする